住宅ローンの予算の組み方は?

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査を通過しないと住宅ローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
住宅ローンフラット35ですが、借りるためには国が定めている「建築基準法」に適合していなければいけません。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位?数百万単位の金額が一般的の様です。
夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。
ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。
お金を返す期間が通常と比べて短くなる可能性がある点です。
全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり出来るだけ早く返済をしなければならないのです。
安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。
物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、いくらになるのかを事前に確認しておきましょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがそんなフラット35の審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
これから、新築または中古の家を購入される方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。
これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。
ですのでそれよりも安い金額であれば申告する必要はありません。
65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

フラット35のデメリットは?金利や審査の特徴を分析!【得する?】